豆本 – 写真企画室 ホトリ –

15

ある日何気なくPCを見ていて

素敵なサイトを見つけました。

ちょうど何かの写真展の告知がされていたその会場で販売される予定の

フォトブックをこのサイトの方が自分で印刷をして作っているということ。

その温かみのある風合いと手に取ってみたくなる仕上がりは十分写真で伝わるものでした。

 

そんな風に感じたのが最初で

僕から「写真企画室ホトリ」のsaorinさんに

自分の写真だとどんな風になるか見てみたいと思い

連絡を取らせて頂きました。

 

saorinさんはライターやフォトグラファーのお仕事をされているのですが、

アトリエギャラリーである「写真企画室ホトリ」を運営されています。

 

写真企画室ホトリでは写真が好きな方が集まって

写真部として活動してみえたり、色んな方の作品を気軽に公開できる

アトリエギャラリーとしての場として活動してみえます。

 

私はsaorinさんの

「写真を形あるものに残そう」というコンセプトがとても好きです。

あらゆるものがデジタル化が進み、写真もスマホで見る、見せる時代。

写真をプリントする人も激減したのではないでしょうか。

 

僕はCDでも本でもデジタルではお金が払うのが嫌な古い人ですので(笑

形に残ったときのモノとしての喜びはiPhoneやデジカメの液晶パネルからでは

味わえないものがあると思っています。

 

お花も同じで、写真はキレイに撮ればたくさんの人と共有できます。

しかし、どう考えても実物が一番素敵ですし感動します。

自分の創作意欲はそういったわくわくするようなものに刺激を受けて

写真になると素敵な花を作ろうとか、寄せ植えにあうような花ってどんな花にしようとか。

何かしらモチベーションが無いとなかなか新しい花を作ろうという気持ちにならないのが現実です。

僕だけかもしれません(笑

 

花だけに限らず色々なものに刺激を受けてないと面白いモノが出来ないと思っています。

 

今回作って頂いた豆本とは

ポストカードの約半分くらいの大きさのフォトブックです。

その行程はsaorinさん自ら一人で行ってみえるのですが信じられないくらい

丁寧できっちりした仕上がりなのですが暖かみのある素敵な本になりました。

 

前置きが長くなりましたが、こちらが今回作って頂いた豆本です。

(画像クリックで拡大してご覧頂けます)
豆本

saorinさんも気に入って頂いたというこのお花が表紙です。
豆本

サイズはこんな感じです。

私の手のサイズが分からないので分かりづらいですが、ちょうど手のひらに収まるほどです。
豆本

驚きの丁寧な仕事!

美しいです。
豆本

クリックで拡大できますので是非ご覧下さい。

ざらっとした独特の風合いに仕上がっています。
豆本

このページさわやかで好きです(笑

自分の写真ですけどね・・・。
豆本

 

グリーン×ホワイト

ページレイアウトはお任せしたので写真は僕ですが、
本を見るのが楽しいです。
豆本

小っちゃいけど、とってもしっかりした

ハードカバーの本になっています。
豆本

表紙のカバーは半透明の紙に印刷していただき

「透明感」を表現して頂きました。

細かい心配りが本当に素敵な一冊となりました。
豆本

実は今回お願いした後で気づいたのですが、

昔購入してお気に入りの本として部屋の本棚に並んでいた本は

saorinさんの著書である「写真と古道具のくらし」でした。

写真をプリントアウトして雑貨を作る方法がいくつも掲載されている本で

写真も雰囲気も好きで気に入っている本です。

amazonでもなか見検索できるので興味のある方はご覧下さい。

saorinさんの本

昔から自分でモノを作るのが好きで

本を作ったり絵を描いたり、段ボールを切って何かを作ったり

小さい頃はそんなことをしていた記憶しか無い残念な子供です(笑

今回の本は見ていて幸せな気持ちになりました。

素敵な宝物を頂いたsaorinさん、ありがとうございました。

 

「写真企画室ホトリ」
URL :: http://fotori.net/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 豆本 – 写真企画室 ホトリ  –
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ページ上部へ戻る