ホワイト 考察

先日紹介したダブルホワイトです。

ニゲルとの花色の比較を先日したのですが、
ハイブリッドとニゲルでは決定的に違うのは花弁の厚さです。

ニゲルの花弁はいわゆるベティーラニカーの系統や現在のハイブリッドよりも厚いのです。
このニゲルは普通ですが、ニゲルにはさらに肉厚な花弁のものもあります。
トーンを落としてみたところです。

白さという意味ではベティーもニゲルも大きな差は無いように思いますが、
やはり花びら(ガク)が圧倒的に厚いです。

これはここまでくると好みの問題かなぁと思います。
ハイブリッドでも花びらが厚いものを作ったら?と思って作ってみたこともあったのですが・・・。

ハイブリッドは僕自身は薄い花びらで可憐な感じがいいなぁと思いました。
最近はホワイト系というのも多いんだか少ないんだかよくわかりませんが、
やっぱり冬のガーデンでは目を引くすごくいい花だと思います。

交配に使用しているパステリッシュ ストレインのいくつかが開花してきました。
いよいよ交配を頑張らねば・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ホワイト 考察
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2019.3.6

ダブルホワイト

この花はもう育種を始めた初期の頃からずっと使っている花です。 この花は今でもたまに使っているのですが、 フレックルキスの交配のベースの白…

ページ上部へ戻る