ピコティー

まだまだ開花してくる株はほとんどありませんが、

1株良い花が咲いていました。

 

18

 

花は小さめで何とかネクタリーも色が乗ってセミダブルといえる花です。

この花は昨年園芸ネット様で販売させて頂いていた交配苗です。

 

園芸ネット2013

 

個人的にはグリーンが残っていますがこのくらいのライムグリーン色も良いと思います。

この花はカップ咲きになりました。

 

20

 

少し交配の話でも。

 

交配に使った花の種親であるこの花はどんな風に作ったのか?

07-01

 

ピコティーのカップ咲き×ダブルデュメトルムという交配なのですが、

使ったピコティーはこれです(昔の画像ですみません)

08

これにダブルデュメトルムを交配して上の花ができています。

色は緑になると思いましたが、多花性にしたかったのでこういう交配にしました。

予定通りの緑にピコティーの花が咲いたので親として使いました。

 

花粉親にダブルデュメトルムでダブルの血を入れておいたのはご存じの方も多いと思いますが

セミダブルやダブルを交配親に使った際に咲いてくる花がセミダブルやダブルになるからですが、

上のピコティーのセミダブルは花粉親で使った際に地の色を白くする力が強いので使っています。

 

自分は花の色は基本的には花粉親で調整することが多いのですが

今回もやはりグリーンっぽくなったところを見ると原種の色は強いなー。と実感します。

 

今日咲いた花もいっぱい咲いたら可愛いだろうなーと思って見てました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ピコティー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

関連記事

コメント

    • bebeベア
    • 2014年 11月 30日

    この交配だったのですね! 糸ピコきれいに入っているな~と見てました(^.^)
    種親さん 原種かと思ってましたが そちらもちゃんと作られたお花だったのですね(;^_^A

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2019.3.6

ダブルホワイト

この花はもう育種を始めた初期の頃からずっと使っている花です。 この花は今でもたまに使っているのですが、 フレックルキスの交配のベースの白…

ページ上部へ戻る