アネモネフルゲンス

すっかり秋のしゅうめいぎくに向けての作業が
始まり、ブログもサボり気味でしたが、
またぼちぼち更新しようと思います。

アネモネ・フルゲンスについて
お問い合わせをいただいておりますが、
来年から少し販売しようかと思っています。
ただ、確定ではなく販売できるような状態に仕上がればということで
またこちらのウェブサイト上でアナウンスさせて頂こうと思います。

アネモネ・フルゲンス

アネモネ・フルゲンス

アネモネ・フルゲンス

アネモネ・フルゲンス

アネモネ・フルゲンス

アネモネ・フルゲンス

メインの生産品目ではありませんので
あまり期待せずお待ちいただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アネモネフルゲンス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

関連記事

コメント

    • 虫めがね
    • 2014年 5月 05日

    おぉ。さすがプロの技。
    赤もかわいいですね。(^_^)

    そういえばコロナリアの方は翌年咲かせられたことがないです。。
    気に入ってたのに・・・と毎回ガッカリ。
    フルゲンス並みの根性が備わるといいのですが。

      • hisashi
      • 2014年 5月 05日

      ありがとうございます。
      ちょっとトーンを落とした赤です。

      コロナリアは庭に植えているものは毎年元気に咲きますが、鉢だと弱る事多いですね。秋に肥料をがっつり与えるとよく咲くイメージがあります。

    • まい
    • 2014年 5月 05日

    こちらへのコメントは初めまして!

    お問い合わせさせて頂きました者です(*^^*)

    うーん。 素敵♪♪

    なんとも言えない透明感のあるお花です。
    どれも実物を見たい子ばかりで、どうしたらこんなお花が作れるのでしょう。

    やはり作り手の方の個性が出るのでしょうか。

    首を長くして、お待ちしております~~(*^^*)

      • hisashi
      • 2014年 5月 05日

      コメントありがとうございます。

      せっかくなので自分らしい色でチョイスして作っていけたらと思っています。
      なんとか来年咲かせられるように頑張りたいと思います。
      よろしくお願いいたします。

    • ocelot
    • 2014年 5月 09日

    おはようございます。
    秋明菊の原種に近い、A.rupicola の種子を貰ったのですが、
    この仲間の蒔き方にコツはあるのでしょうか?

    Anemone x cv. ‘↓Wild Swan’ の片親だとされる品種で
    http://forums2.gardenweb.com/forums/load/peren/msg081417449678.html

    ヒマラヤの周囲に、ぐるっと(東の雲南省から、西はパキスタン~アフガニスタンあたりまで)
    自生しているようです。
    http://throwntothewolves.deviantart.com/art/Anemone-rupicola-192404951

    日本でも、実生から、育てている方がおられ、東京でも耐暑性には問題が無い由でした。
    http://www.seedsman.jp/happy/?p=5674

    • hisashi
    • 2014年 5月 09日

    ocelot様

    おはようございます。
    アネモネの仲間はあまり解説がないので分かりづらいと思います。
    私も実経験のお話ですので参考までにお聞きください。

    基本的には、アネモネの仲間で春ごろに咲くものは、
    「とり蒔き」が基本でそのまま秋まで管理すると芽が出てきます。
    ちっちゃな芽のまま冬に入るので大丈夫かとは思いますが、一応、多少の寒さ対策をするとよいかもしれませんが春まで持ち越して植え替え。ということになります。秋に苗がすくすく大きくなるような品種だったら秋に植え替えたほうが良いです。

    乾燥種子の場合は、とりあえず秋まで持っておいて秋にたねまきされても良いと思いますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.1.6

趣味の園芸1月号

すっかり挨拶が遅くなってしまいましたが、 本年もよろしくお願い致します。 12月に発売されました趣味の園芸1月号が クリスマスロー…

ページ上部へ戻る