H.niger “Louis Cobbett”

H.niger “Louis Cobbett”
これは育種を始めた頃、もっとも興味があった花でした。

Graham Rice& Elizabeth Stranghman著書の
The gardener’s gude to growing HELLEBORESという本の中にある
記事で紹介されているものです。

今でも毎年この本を見ているのですが今でも心ふるえるものを感じます。
この本がなかったら育種に興味を持ったか分からないほど
好きな本です。何冊か持ってます(笑

今はやってみえませんが、パーティードレスシリーズで有名な
ブラックソンナーセリー作出のほのかにピンクがかるブラックソンストレイン
というニゲルにとても興味がわき何度か購入したのですがこの本で見るような
花にはなかなか出会う事はありませんでした。

Niger

詳しい事は本を是非ご購入頂きたいので詳しくは書きませんが、
このH.niger “Louis Cobbett”が手に入れば自分でも作ってみたい。と
思ったのですが手に入りませんでした。

4年ほど前だったかevolution plantsのトム氏に頂いた写真に
本当にこのH.niger “Louis Cobbett”にそっくりな花がありました。
原生地で撮影されたもので残念ながら採取はしていない。との事でした。

しかし近くの場所から種を採取したのでそれを自分のハイブリッドと
交換で譲って頂きました。

スロベニアのサイトからだったのですが
とてつもなく成長が遅くなかなか開花に至らず・・・。
それが去年ついに開花。たまたま・・・ということもあるかも。
と思い今年・・・。

niger

ほとんど蕾の感じも同じです。
H.niger “Louis Cobbett”のような花が目の前で咲きそうです。

イメージ通りの花が来ました。
イメージ通りの交配親も用意できました。

さて。2年後。
どんな花がお届けできるか
期待せずにお待ち頂ければ幸いです(笑

もう、これはほとんど趣味です(笑

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - H.niger “Louis Cobbett”
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

関連記事

コメント

    • 虫めがね
    • 2014年 2月 02日

    Σ(-Д-;)わー。良い色ですねぇ・・・。
    開いてからもこのままの色なんでしょうか?

    • hisashi
    • 2014年 2月 02日

    虫めがねさん
    こんにちは。
    僕の今まで見てきた感じでは内側がきっちりピンクということはなく、外側の色が透けてピンクに見えるという状態です。ここまで濃いと全体的にピンクにみえるのではないかと思っています。

    開いたらまた追記いたしますので
    またご覧いただければ幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.1.6

趣味の園芸1月号

すっかり挨拶が遅くなってしまいましたが、 本年もよろしくお願い致します。 12月に発売されました趣味の園芸1月号が クリスマスロー…

ページ上部へ戻る